SPONSORED LINK

【グリマス・ミリマス】スキル効果を意識したデッキ作りまとめ

f:id:da_siu:20140807204851j:plain

ぼくはGREEアイドルマスターミリオンライブをプレイしてるのですが、上手いことデッキの作り方がまとめられているサイトがなかったのでぼくなりにデッキの作り方を簡単に説明していきたいと思います。

 

まずは自分のデッキカラーを決める

ミリマスにはボーカル(赤)ビジュアル(黄)ダンス(青)の3種類のカードがあります。まずは自分のカラーを決めましょう。その色でデッキを作っていきます。

なぜかと言うと固有スキル効果の恩恵を効率よく受けるためです。固有スキルとはカードについてるスキルのことです。これでいうと、

f:id:da_siu:20150129211840p:plain

タイル集め王 Lv14/20 Da属性のAP/DPアップ(大)

ってのが固有スキルになります。固有スキルの効果対象には他に、全カード・自分のみに効果を発揮するものがあります。上昇%が高い順に上げていくと、

自分のみ>単属性>全カード

といった感じになります。実際は【自分のみアップ】のカードは非常に少ないんで気にしなくていいと思います。【全カード】も今ではすごく少なくなってきているんで、実際は【単属性】のみ覚えておけばいいんですけど、デッキカラーを一色に染めるということの説明もあるので【全カード】は割愛せずにいきます。というわけで、ここで覚えて貰いたいのが、

単属性=単色全カード=全体

と呼ぶことです。今後の固有スキル説明で必要になります。

 

そしてもうひとつ知っておきたいことは、上昇するステータスの部分。上に貼った響ですと、AP/DP(大)とあります。他にもAP(大)やDP(大)なんかもありますよね。これをわかりやすく、

AP/DPアップ=両面、APアップ=片面

と呼ぶことも覚えておきましょう。DPのみ上昇するスキル持ちのカードは少ないんで割愛です。これで基礎はOKです。

 

 固有スキルの上昇値を把握しておこう

固有スキルの上昇値は小・中・大・特大・極大が存在します。そしてスキルには20までレベルが設定されており、レベルによっても上昇値が変化します。とりあえずこの表を見てもらいましょう。

f:id:da_siu:20150129214314p:plain f:id:da_siu:20150129214316p:plain 

アイドルマスター ミリオンライブ!@wiki - 固有スキル

 初めに単色・全体両面・片面を説明したので見やすいと思います。この表を比較していくと全体よりも単色の方がスキル効果が高いのが分かります。そして両面よりも片面の方がスキル効果が高いのも分かると思います。ここで注意したいのは両面の効果量はAPDP両方に効果量が付与されます。例を出すと、


AP8000/DP5000 単色片面中Lv10発動(20%) ⇛ AP9600(20%上昇)/DP5000
AP8000/DP5000 単色両面中Lv10発動(14%) ⇛ AP9120(14%上昇)/DP5700(14%上昇)

 

と言った感じに、同じスキルの(中)の効果でもAPだけ見ると片面が強くAPとDPの合計を見ると両面が強いのがわかります。これは合同フェスとオーディションバトルの2種のデッキを作る上で覚えておきたいことです。ちなみに、

 

合同フェス=APの総合計値

オーディションバトル=APとDPの総合計値(サポートデッキを含む)

 

となりますので、片面スキルと両面スキルはここで使い分けるわけです。合同フェスをやるであれば片面スキルを活かしたデッキ、オーディションバトルであれば両面スキルを活かしたデッキを作る必要があります。

 

SPONSORED LINK
 

デッキの作り方で変わるスキルの発動

例えばオーディションバトルデッキを作る際、適当に両面スキルを入れればいいってもんじゃありません。もちろん両面スキル持ちの強いSRを9枚みんな持ってるわけでもありません。「片面スキル持ちだけどパラメーターは強いカードがあるぞ…これはオーディションバトルデッキにいれちゃダメなのか!?」と考える人もいると思いますが、そんなことはありません。

固有スキルはデッキの上に配置した順から発動判定が行われます。

特にデッキの一番上に配置したカードは必ず固有スキルが発動します。そして2番目に配置したカードから順にスキルの発動判定がされるわけで、デッキの上の方に配置すればスキルが発動しやすくなるんです。

つまりスキルの強い順に並べてデッキを構成するのが重要になります。一番下に配置したカードなんかはあまりスキルが発動しません。

 

実際にデッキを組んでみよう 〜合同フェスデッキ〜

f:id:da_siu:20150129221737p:plain

まずは合同フェスデッキから。簡単に3枚だけで組んでみましょう。

  1. ☆AP11000 DP8000 単色片面(中) スキルLv10 (スキル必ず発動)
  2. ◆AP10500 DP8000 単色片面(大) スキルLv15
  3. ◯AP10000 DP7500 単色片面(中) スキルLv12

という順でデッキを組んでしたらとしたら、

  1. ◆AP10500 DP8000 単色片面(大) スキルLv15 (スキル必ず発動)
  2. ◯AP10000 DP7500 単色片面(中) スキルLv12
  3. ☆AP11000 DP8000 単色片面(中) スキルLv10

この順の方がAPの上昇量は高いです。特にオススメデッキなんかを使用するとAPDPの合計値の高い順に並んでしまうので、上のデッキのようになってしまいます。なるべくオススメデッキは使用せず、自分でデッキを組むのがいいと思います。

  

実際にデッキを組んでみよう 〜オーディションバトルデッキ〜

f:id:da_siu:20150129231613p:plain

次にオーディションバトルデッキです。今度は片面を含む4枚です。

  1. ★AP10000 DP8000 単色両面(中) スキルLv10
  2. ◇AP10000 DP8500 単色両面(大) スキルLv13
  3. ▲AP7000 DP6000 単色両面(特大) スキルLv12  
  4. ◎AP9500 DP8000 単色片面(大) スキルLv18

 両面スキルでは特大を一番上に配置するのはわかりますが、片面(大)Lv18をどこに配置するかが問題です。実際に片面(大)Lv18の上昇具合を見てみましょう。スキルを反映させるのは一番強い2のカードにします。

 

AP10000 DP8500 単色片面(大)スキルLv18(31%) ⇛ 

AP13100(31%UP) DP8500 = APDP21600

 

次に単色両面(中)スキルLv10を見てみます。

AP10000 DP8500 単色両面(中)スキルLv10(14%)

AP11400(14%UP) DP9690(14%UP) = APDP21090

 

単色片面(大)Lv18の方が若干ですが上昇率が高いですね。ちなみに単色両面(大)Lv13ではAPDP21780となり、単色片面(大)Lv18より高くなっています。

つまり、上の4枚の並び順は

  1. ▲AP7000 DP6000 単色両面(特大) スキルLv12
  2. ◇AP10000 DP8500 単色両面(大) スキルLv13
  3. ◎AP9500 DP8000 単色片面(大) スキルLv18
  4. ★AP10000 DP8000 単色両面(中) スキルLv10

が最も効率のよい並びになります。こういった感じにオーディションバトルに関しては片面スキルでも十分強い場合もあります。逆に合同フェスでは両面スキルは弱いかもですね。

 

デッキ配置を整理するだけで火力は跳ね上がる

オススメデッキなんかを利用してる人は、上記の説明を意識してデッキを組むと火力が跳ね上がるのがわかります。オーディションバトルに関してはサポートデッキなんてやつもあるんですが、自分もちゃんとできていないんで今回は書かないことにしました。

ハー、こういう説明を文章におこすのはめっちゃ大変だ。

 

 

 

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 05 アイドルマスター ミリオンライブ!

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 05 アイドルマスター ミリオンライブ!

 

 

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 06 アイドルマスター ミリオンライブ!

THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 06 アイドルマスター ミリオンライブ!